医療関係者からの聞き取り

通常精神科病棟については必ず危険手当などがついてきますので、お給料が幾分か増えることになります。中には腕力が必要な業務もあったりするから、男性看護師が勤務している方が多くなっているのが大きな特色です。

大卒の学歴を持つ看護師で大学病院の看護部長の身分まで上りつめますと、看護学部における教授もしくは准教授と同レベルと言われるであるので、年収額が850万円を超えるのは必至です。

数多くの看護師向けの転職支援サイトは利用無料でどのコンテンツが活用することが出来ます。だから転職活動に限ったこと以外でも、看護師として働きつつ常に確認するようにしておけばきっと役に立つはずです。

一回退職し、再度就職を望むという場合、以前の看護師の仕事での実務経験やキャリアをもれなく述べて、あなたの得意としている業務などをちゃんと伝えることが特に重要です。

看護師業界の最新の就職実態についてナンバーワンに詳しく知っているのはインターネット上の就職求人情報サイトのアドバイザースタッフです。日々、再就職や就職を求めている多くの看護師と会っていますし、また病院の医療関係者と時間を作って様々な業界の情報を聞いています。

看護師の求人募集サイト比較@看護師の転職サイトの選び方

▲ページトップに戻る